プロフィール

芦原 仁

Author:芦原 仁
(Jin Ashihara)
ブログ私塾《士学舎》主宰。
速習術研究家。

早稲田大学卒。
在学中より、都内進学塾にて中高生の文系科目全般(高校英語・日本史・世界史が中心)を担当。
早慶など難関校に数多くの生徒を送り込んできた元実力派講師。

豊富な受験指導経験から、
「受験勉強は速習が鍵」との確信を持つ。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語速習法・3

■単語を「速く回す」ということ

前回、100語を30分で3巡させる、

という課題をクリアできなかった人。

何も心配する必要はありません。

それが、普通のスピードですからね。

特に、

「単語は書いて覚えるもの」

「少なくとも発音して覚えるもの」

と中学校の頃から叩き込まれて

それを愚直に守ってこられた方には

そもそも、この短時間に、この語数を

「見ること」も難しいと思います。



もちろん、

英単語を書いて覚えること

英単語を音読して覚えること

これは非常に効果的な(或いは単語をキチンと覚える

上で不可欠とも言うべき)方法です。

しかし、あえて言います。

英単語を「常に書いて覚える」

「常に音読して覚える」という画一的な方法は

非効率である
と。

そしてその非効率さこそが

受験生の単語学習を妨げている

最大の元凶であると。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。