プロフィール

芦原 仁

Author:芦原 仁
(Jin Ashihara)
ブログ私塾《士学舎》主宰。
速習術研究家。

早稲田大学卒。
在学中より、都内進学塾にて中高生の文系科目全般(高校英語・日本史・世界史が中心)を担当。
早慶など難関校に数多くの生徒を送り込んできた元実力派講師。

豊富な受験指導経験から、
「受験勉強は速習が鍵」との確信を持つ。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法速習法・4

■今回は中級レベルの英文法対策


さて、中学レベルの英文法が仕上がったら、

今度は中級編。ここで中級とは、

大学入試問題は、まだ半分くらいしか解けないけれど、

試験範囲の決められた、学校のテストでは

7割くらいは取れる(テストの難易度によりますが…)、

という位の実力でしょうか(偏差値で言えば50前後)。





続きを読む »

スポンサーサイト

英文法速習法3

■大学受験生が…


高校受験用の薄ーい英文法を回すには、


①なるべくテキストに解答を書き込む。
 (2回目ができなくなるなどと、ケチらない。)

②時間を計る。 
 (自分で厳しいかな、という時間設定を。)

③復習は、2~3冊終わってからまとめてやる。
 (とにかくドンドン進める。)



私は通常、①~③とは全く逆の指導を

しています。

やはり、①何度も勉強すべき問題集には

書き込みをしない方が良いし、

②時間を計る勉強は、必ずしも十分な実力が

備わっていない段階の人には良いとは言えず、

③間違えた問題を徹底的につぶすには

こまめに復習をすることがベストだからです。


にもかかわらず、高校受験用問題集を

大学受験生が大量にこなす勉強法では

なぜ、その逆を行くか?


それは、ひとえに


中学レベルの英文法をサッサと仕上げる


ことが目的だからです。


中学レベルの文法(時制・不定詞・分詞・関係詞など)

がマスターできていなければ、その先を

進むのにもの凄いエネルギーが必要になってしまう。

だからこそ、このレベルの文法は

短期間(1ヶ月程度)でスピード感を持って

こなして欲しい。そう、切に思います。


あと、中学レベルの単語・熟語は

薄いタイプの問題集をこなしながら

マスター
して下さい。

その際も、わざわざ単語ノート等は

作らない。大切な単語・熟語は、

7冊も8冊も問題集をこなせば何度も

出てきます。テキストの余白に

2~3回書いて覚える位にとどめて
下さい。


勉強の仕方のポイントは

「何を目的とするか」に応じて

緩急をつけること。



これがとても大切なことです。


*ようやくブログランキングのタグを手に入れました(笑
     
    ↓ ヨロシクお願いします    

ブログランキング







英文法速習法・2

■英文法が苦手、という大学受験生の人

前回、私は「英文法の速習法」として

①一回の情報量を減らしつつ反復回数を増やすこと

②情報のレベルを下げつつ多くの情報を処理すること

と書きました。


もう少し丁寧に書けば、

①or② のいずれかの方法がある

ということです。


しかし、自分はトコトン英文法が苦手!

と悩んでいる受験生もいるでしょう。


そういう方から、まずは対策を。

高校受験直前期用の英文法
(英語総合も可)問題集を5~6冊買ってきて、
1日1冊のペースで終わらせる
という方法

です。(つまり、①+②の方法論です!
本当は、情報量は「増やすか減らすかいずれか」
なので、①+②というのは矛盾なのですが…
まあ、比喩的には①+②もアリでしょう。)


よく、あるでしょう?
「直前10日間で終わらせる!」系の薄い
(50ページ程度の)問題集。

あれを

ドンドン数こなす

という方法は、

英文法がトコトン苦手、という受験生を

短期間に、大学受験基礎レベルに底上げする

最良の方法だと思っています。


「でも、1日1冊は、、ちょっと、、、」

という人。


甘すぎる!!

と一喝したいトコロですが、

まあ、1冊3日までならOKとします。
(他の科目への配慮、ということですよ)

でも、本来中3生が解く問題集ですから

やはりスピードが欲しい。


でも大丈夫。

1冊目で3日以上かかっても

2冊目は3日、3冊目は2日、と

段々速く解けるようになってくるハズ
です。


詳しい解き方はまた明日。














英文法速習法

■「英文法」を速習することはできるのか?

これは、自分自身が本気で

英文法に取り組んだ事のある人なら

誰しも疑問に思うことでしょう。


種明かしを焦らしても仕方が無いので

答えましょう。



英文法を「速習」する方法は

大きく分けて2つあります。


ここで「速習」とは、

①当該分野に関する一定量の情報を

他の受験生よりも速いスピードで処理すること

と定義しておきます。



では、英文法速習の2つの方法とは?

抽象的に言えば、

①一回の情報量を減らしつつ反復回数を増やすこと

②情報のレベルを下げつつ多くの情報を処理すること


独学を貫く受験生が英文法を速習する方法は

この2つに集約されるというのが

私が15年間の指導経験から導いた結論です。



■1週間ぶりになってしまいました


GW明けからずっと仕事が忙しくて

更新が滞ってました。

スイマセン。再開します。


さて、受験生の方達はあまりノンビリ

していられませんから、今日は早速、

『データベース4500』(桐原書店)

を使った英単語速習法の戦術論に

入りましょう。


この単語集攻略のキモ(=ポイント)は、

見出し語1400語を迅速に回す

ということにあります。

1400語を45日(=1ヶ月半)の間に

3回まわすことを目標にしましょう。

え、そんなのムリ!!

という人。

この単語集の最強ポイントは

「英語→日本語訳→英語」の順で

発音されるCD付きである点です。

CDを流せば、

100語が約10分で1巡。

①テキストを見ながら英語を聞いて

②日本語訳を確認し

③二度目の英語の発音を一緒に音読。


これを3回繰り返してもわずか30分!

1日100語。2週間で1400語。

見出し語の1巡完了です!!

この1400語全部を(熟語などは飛ばして)

1ヶ月半で3回繰り返す。

もちろん、このテキストはこれで

終わり、というわけではありません。

使い込めば使いこむほど

良さが分かってくるテキストです。


まずは、1ヶ月半頑張ってみて下さい。

次回から、しばらく英文法速習法に入ります。








英単語速習法・7

■英単語が覚えにくいのは…

その単語の発音がしっかりわかってないから、

ということが、しばしばあります。

ですから、

いくら「英単語の速習」と息巻いてみても

発音できない単語は覚えられない。

これは当たり前です。


そこで、発音記号を覚えて

初見の単語の発音もできるようにしよう!

という話になるのですが、

これが皆さんにとっては

分かっていてもナカナカできないらしい。


ならば、やはり発音CD付きの

英単語集のほうが、話が速い

と思います。

そういうわけで「データベース4500」を

オススメしています。

あと、この単語集は、最初の数ページに

「発音記号をマスターする」

というコラムを設けてくれており

これが分かりやすい。

至れり尽くせりですね。

別に何の利害関係もありませんから

いずれ他の単語集の良さも

書きますよ(笑)。


GWも終わり。さあ、勉強の本格的始動!!

今週から気持ちを新たに頑張って下さい。





英単語速習法・6

■参考までに…

申し上げておきますが、

「どの英単語集を使うのが良いか」

という質問は、私が塾講師時代にも

繰り返し生徒から受けたものですが

私の答はいつも

「本屋に行って自分の目で見て、

自分のお小遣いで勝っても良いと

思えるもの」

というものでした。

従って、『データベース4500』が絶対だ

などと言うつもりは毛頭ありません。


ありませんが、今までの単語集の

良いトコ取りを「学者が本気でしているテキスト」だと思います。

英単語速習法・5

■英単語速習向けオススメ単語集・1

『データベース4500 完成英単語・熟語』(桐原書店)

100語を30分で3回まわすことができなかった人は、

この単語集を使って、

CDを流しながらテキストを目で追う

というやり方を試してみて下さい。

英単語の発音→日本語訳(1つだけ)→英単語の発音

というパターンで、100語をおよそ10分でまわせます。


すみません、今週は仕事が忙しく

これくらいしか書けませんが

このテキストの丁寧な使い方は

来週、記事にします。


それでは頑張って下さい。


英単語速習法・4

■英単語を「見る」という学習法

この学習法のメリットは

一冊の単語集を人よりも速く一巡させることができる

という点にあります。

もちろん、実際にやってみた方は

そのデメリットもお気づきだと思います。

そう、

しっかり記憶ができない(覚えた気がしない)

ということですね。


しかし、どうせ一つの単語をマスターするには

何度も何度も復習しなければならない。

これは避けられないことです。


とするならば、一巡目になぜそれほど

時間をかけなければならないのでしょうか?

何度も書いても忘れる単語は忘れる。

ならば、ドンドン読み進めていく。


こういう学習法は、英語の達人と言われる

グーグル日本法人社長の村上憲郎氏も

薦めている方法です。

(『村上式シンプル英語勉強法』ダイヤモンド社)







 

英単語速習法・3

■単語を「速く回す」ということ

前回、100語を30分で3巡させる、

という課題をクリアできなかった人。

何も心配する必要はありません。

それが、普通のスピードですからね。

特に、

「単語は書いて覚えるもの」

「少なくとも発音して覚えるもの」

と中学校の頃から叩き込まれて

それを愚直に守ってこられた方には

そもそも、この短時間に、この語数を

「見ること」も難しいと思います。



もちろん、

英単語を書いて覚えること

英単語を音読して覚えること

これは非常に効果的な(或いは単語をキチンと覚える

上で不可欠とも言うべき)方法です。

しかし、あえて言います。

英単語を「常に書いて覚える」

「常に音読して覚える」という画一的な方法は

非効率である
と。

そしてその非効率さこそが

受験生の単語学習を妨げている

最大の元凶であると。


英単語速習法・2

■「読み流す」だけでも…

やってみるとナカナカ大変でしょう!?

何より、時間がかかります。

100語×3回を30分で、できた人。

すばらしいです。

恐らく、このタイプの人は、

「自分が知っている単語・覚えやすい単語」

「自分がまだ知らない単語・覚えにくい単語」とを

瞬時に区別して、

既知のor覚えやすい単語はさらっと

未知のor覚えにくい単語をジックリ
(といっても3秒程度)

読んでいる

②また、一巡目でピンと来なくても

二巡目・三巡目で何とか見慣れればいい

という良い意味での大雑把さを持っている方なのでしょう。

この調子で、今使用中の単語テキストなり

新しく購入するテキストを頑張って下さい。

(2~3日後に「オススメの単語集別攻略法」

のコラムを載せる予定です)


 
次に、100語を3巡回せなかった人。

回せなかった理由の分析を自分なりにして

みて下さい。(次回、筆者なりの分析を載せます)

そして、上で述べた、

3巡回せたタイプの人の特徴を参考に、

「今お使いのテキストの続き」から

さらに100語、トライしてみて下さい。

新しいテキストは、まだ買わない方が良いですよ。

単語集はとにかく最初の一巡目が肝心。

正しくは、「速く一巡させること」が肝心です。

速く一巡させるには「正しい速習法」をマスターする

必要があります。





英単語速習法・1

■英単語の記憶というと…

すぐに

「どの単語集が良いか?」

という話になりますが、

まず何よりも先に始めて欲しいことがあります。


一応、「この単語集を使う」と決めている人はそのテキスト。

どのテキストを使うか決めていない人は

学校で毎週の単語テストの為に買わされた単語集や

買ってみたけれど、イマひとつ、しっくり来ないテキスト。

何でもいいから、そのテキストをパッと開いて

一番上に書かれている単語から

100語を30分で3回、流し読みをする

100語はムリ!

と思っても、まずやってみる。

「覚える」ではなく、「流し読みをする」ですよ。

どうしても100語がムリそうなら、50語でも良いです。

「パッと開いて」というところがミソ。

どんなに勉強していないテキストでも、

最初の数ページは何となくイメージが残っているので

新鮮さを感じないからです。

はい。

まずは、やってみて下さい。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。